FC2ブログ
可愛げのなさ最高レベルの一応㊛な人間が日々のことを書いております((φ( ̄Д ̄ ) ネコたちのこと、リアル日常のこと、ゲームのこと、などなど゚+。 好き勝手に❀
久しぶりの更新やー。そしてまたグチばっかw
2019年06月19日 (水) | 編集 |
sozai_41131_2016030509555567d.png
 今日は休み 朝は天気が良かったんで、洗濯とネコトイレ(4つある)をガシガシ洗ってたわ
晴れてる日の洗濯って最高やわ あー気持ち良かった
午後になったら一気に天気が崩れて、今は雨が降り始めたけど

 今の店長は50代の女性なんやけども、今月店長になっちゃったばかり(自分から志願したらしい)
すると、別の50代の女性店員が「あの人が店長になるんやったら辞めます」と即行で辞めちゃった 決断早いな。
よっぽど嫌いで、その人が上の立場になるんが嫌やったみたい。
んでその50代女性は隣の町にある同じ店舗にいく予定やったけど、そこの店長じゃないけどほぼ店長みたいな男性が、「あの人と一緒に働きたくないから来させないで」とオーナーにお願いしたらしく、それが通ったみたいや。
まぁ、店長並みに働いてる男性と、後から来ようとする女性とやったら、間違いなく前者をとるわな・・・・。

この件で、みんな、ワガママやなー。と思った。

私も今の時点で、気の合わない人と夜勤で働く日もあるけど、適度に合わせて仕事してる。
まあ、たまにバックルームで一人ブチキレてはおるけども。
「うっせーな、ジジイ。つべこべ言わずにやれや」とか言いつつ。
仕事中に、タメ息ばっかりついてて、物の扱い方も乱暴なんで腹が立つ。つべこべうるさいし。
お客さんに「コピーして」とか「チケット取りたいから教えて」とか言われたら一目散に私を呼びに来るくせに、文句だけはいっちょまえ。教えようとしても「頭使うの苦手で」とかって拒否るし。
覚える気ないなら黙って出来る仕事をしておけ、と思う。

なんか毒ばっかりたまってくわ
最近はまったく天使サマも来店してくれんしなー。(60代~くらいの穏やかで温和なオジサマなお客様)
腹立つ客が多い中、唯一私をレジに猛ダッシュさせれるお人やのに~(いや、他の客でも走れよ!って言われそうやけど・猛ダッシュはこの人にしかせんな・キッパリ)
もうつまらんわ~~つまらん~~~~

まあ、家に帰れば愛しの天使たちがワラワラおるんで、まあ、ええんやけども
sozai_41131_2016030509555567d.png




テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
自由って難しいですね
我儘言うのは、自由だから?
我儘言うと和を乱して、嫌われるし、だからと言って、我慢するとストレスたまっちゃうし、難しいですね。
私は、ご存知のように、絶対我儘言ってはならない立場になって久しいのですけど、結構、居心地良いですよ。
アレコレ気をもむことがなくなって、割り切れるようになったから、気持ちが楽になりました。
変でしょ😊💦
2019/06/20(Thu) 07:38 | URL  | 風花(かざはな) #mQop/nM.[ 編集]
✿風花さん✿
e-6こんにちはーv-482
そうですね~。自由だからワガママも言えるんでしょうね~v-390 でも自由すぎる(ワガママすぎる)のは問題ですよね。私もたいがいワガママに生きてきてますが、自分の思うまま、やりたいまま、他人のことを考えずに生きてたら、ただの身勝手人生で人からも嫌われて終わっちゃうんでしょうしe-330
でも抑え込みすぎたらストレスたまって、限界来たらはじけ飛びますしね‥‥(経験者w)
なかなかに「生きる」ってこと自体が難しいことですよねe-455

e-6ワガママを言っちゃいけない立場なのに居心地がいい、ってのはそこに幸せを感じれるからなんでしょうね。幸せとか満足感とか、自分にとって何かしらプラスになるようなものがないと、なかなかに居心地いいレベルまではいかないでしょうし。割り切りですか。。。そうゆうのも大事なことなのかもしれないですね。一度きりの人生なんだし、割り切ってスパッとその方向に進んでいく、ってのも幸せの一つの選択肢のような気がしますe-53
自分の幸せは自分が決めるもので、他人が「それって幸せじゃないよ」みたいに思ってても、人と自分の思考が必ず一致するとは限らないしe-69
変とは思いませんよ。むしろ割り切れるほどにまで、行きつけた風花さんの意思と言うか心の在り方が羨ましいですe-68 私はいっつもグジグジしてるんでv-356

いつもブログに来ていただいて、コメントまでしていただいて、ありがとうございますi-176


2019/06/21(Fri) 21:37 | URL  | ✽めぐ✽ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック